蛇沢課長のM嬢第7話ネタバレ【蛇沢課長が美々子を怒る!?】

蛇沢課長のM嬢というマンガを読んでみたので
そのネタバレを書いていこうと思います。

女性に罵られるのが大好きな方は
ヒット間違いなしのマンガですよ…

今回は蛇澤課長のM嬢、2巻第7話のネタバレです。

第7話では、蛇沢課長が美々子を怒ります!

ある日の残業の帰り道、
美々子はいつもと違う道を通ることに。

その道の先には何年もそのままの廃ビルが…

その廃ビルの前を通った時でした。
ふと上を見上げると、窓のところに髪が長く、口が裂けた女性の姿が…

美々子はパニックになって逃げ出します。

翌日、早速昨日のことを同僚に話す美々子。
その姿は慌てふためき、うろたえていました…

まるでSのカケラもないその姿を見て、
蛇沢課長は事実かどうかもわからない、冷静に判断したまえ。

と冷たくあしらいます。

しかし、その本心は…

(私のご主人として)常に毅然とした態度をとって欲しいのに・・・

というものでした笑

ある日、美々子を連れた商談終わりに
蛇沢課長は真実を通るために、例の廃ビルを通ることに。

しかし、美々子は見たくないと言って、蛇沢課長の腕に捕まります。
そのまま会社についた2人でしたが…

今日に電気が消えて真っ暗になり、取り乱す美々子。

課長は1人、オフィスを飛び出します!
美々子をこんな風にしてしまったビルの真相を暴くために!

美々子のSっ気を取り戻し、自分を罵倒させるために。
しいては美々子のためではなく自分のために!笑

廃ビルに着くと、ビルの窓に明かりらしきものが!
意を決して現場へ向かうと…

そこには若いカップルが!
お金がないから、ここでエ○チしてたとう言うではないですか!

蛇沢課長は、お金を渡し、
「二度とここへ来るな。次に見たら命がないと思えよ。」

と鬼の形相。

美々子のSっ気を取り戻すためならなんだってやります!笑

問題を取り除いた蛇沢は意気揚々とオフィスへと戻りますが…
そこには一人にされて、怒りに満ち、ドS 100%になった美々子が笑

「課長、覚悟はできてるんでしょうねえ・・・」

美々子のSっ気の復活に歓喜の表情を浮かべる蛇沢課長なのでした…

蛇沢課長のM嬢第6話ネタバレ【蛇沢課長、今すぐ四つん這いになって…】

蛇沢課長のM嬢というマンガを読んでみたので
そのネタバレを書いていこうと思います。

女性に罵られるのが大好きな方は
ヒット間違いなしのマンガですよ…

今回は蛇澤課長のM嬢、2巻第6話のネタバレです。

今回は会社のリクリエーション大会が舞台。

美々子の同僚は美々子と蛇沢課長を組ませて
賞金を狙う考えのよう…

そう、美々子が蛇沢課長に罵声を浴びせることで
ドMパワーを発揮し、その力で優勝しようと言うのです笑

最初は二人三脚。

なんとか蛇沢課長をやる気にさせようと罵倒しようとする美々子でしたが…

足を縛られていることですでにスイッチが入っている蛇沢課長!笑
さすがド変態!

蛇沢課長は勝手にスイッチが入っていますが…
肝心の美々子の運動能力が低く…
全く勝てません笑

続く騎馬戦でも、美々子を上に乗せた蛇沢課長は

“私は馬、私は馬、螻川内くんの馬”

とつぶやきながら、すでにスイッチオン!笑

ここでもやはり美々子がハチマキをとれず…

最後の宝さがしを残して、同僚はすでに諦めモード。

ムキになった美々子は同僚を見返すべく
蛇沢課長とカードを探します。

ようやく見つけたのは木の枝に挟まったカード。
美々子だけでは到底、届きそうにありません。

さらにさっきの騎馬戦にて
美々子の乗馬で満たされた(笑)蛇沢課長も

「いいんだよ結果なんてどうでもーーー」

その一言に美々子がプチっと切れます笑

「私が絶対勝てって言ったのに言いつけも守らず、どうでもいいですって?」

「勝てなかったのは螻川内くんの身体能力がーーー」
と反論してしまう蛇沢課長でしたが…

「だったら課長が責任持って私の分を補ってくれないと。」

美々子、ヤベーーーーー笑
ドS過ぎるーーーーーー笑

「今すぐここで四つんばいになってください。早く。」

四つん這いの状態で美々子に上に乗られてゾクゾクしてしまう蛇沢課長。

結局、優勝はできなかった美々子でしたが
蛇沢課長は、美々子の馬になったり、
四つん這いにされ、上に乗られたりと…

ご褒美の連続で、満足げな表情を浮かべるのでした…

蛇沢課長のM嬢第5話ネタバレ【蛇沢課長のスイッチを押した瞬間…】

蛇沢課長のM嬢というマンガを読んでみたので
そのネタバレを書いていこうと思います。

女性に罵られるのが大好きな方は
ヒット間違いなしのマンガですよ…

今回は蛇澤課長のM嬢、1巻第5話のネタバレです。

美々子が蛇沢課長のドMに目覚めさせるスイッチを押したきっかけに迫ります。

休憩室で美々子と同僚が話しています。
蛇沢課長の先月の成績がイマイチだったようです。

蛇沢課長のモチベ担当に勝手にされてしまってる美々子…

「そんな担当がいるなら前任者を見てみたいわ!」

と声を荒げていると…

そこへ人事部の魚住桜子(うおずみさくらこ)。
なんとこの魚住が、美々子の前に蛇沢課長と組んでいたと言います。

しかもその時は、
今のようなドMな癖(へき)は無かったと…

しかも以前から営業成績トップ…

「私いる意味なくなくない!?」とパニクる美々子!笑

No.1でも昔とは契約額が以前よりも多いこと、
美々子がいなくなったら蛇沢課長は以前の成績を下回ってしまう。

と冷静に分析する魚住。

さらに、

「あなたは蛇沢のスイッチを押してしまったの。」

と…

「そんなスイッチ押した覚えないんですけどーーー!!」

美々子には全く身に覚えがない様子。笑

それはまだ美々子が新入社員だったころ。

縁故で入社した面倒なやつと関わっていた時でした。

美々子は悪くないのに、縁故で入社したことで
先輩は強く言えず、美々子が悪いことになってしまったり…

我慢を重ねてきた美々子でしたが、ついにブチ切れます!

営業課に仮配属になった時でした。

縁故社員は自分がクビにならないのをいいことに
電話対応を適当にやっています。

予定も確認せず、勝手に時間変更を受け付ける縁故社員・尾藤。
そのことを注意する美々子でしたが尾藤は聞く耳を持ちません。

美々子の堪忍袋の緒が切れます…

ちょうど、蛇沢と魚住が帰社したタイミングでした。

尾藤を蔑む冷たい視線で見下しながら
「エリート気取りで他人を見下すうんこちゃん」

とドSっぷりを発揮!

それを見ていた蛇沢課長は美々子のドSぶりに
恍惚の表情を浮かべて震えているのでした…

そして隣にいた魚住は

「カチ」

と蛇沢のスイッチが入る音を聞くのでした…

これが、美々子が知るよしもない、
蛇沢課長のスイッチを押した瞬間だったのです!笑

その後、蛇沢課長は美々子を逃すまいと、
上司に掛け合い、美々子を営業課への本配属を取り付けるのでした…

以前は仕事だけに向き合っていた蛇沢課長でしたが
美々子に出会って人間味だけでなく、ヘンタイ度も増したようです…

蛇沢課長のM嬢第4話ネタバレ【ドMパワーで資料無しでも契約成立!】

蛇沢課長のM嬢というマンガを読んでみたので
そのネタバレを書いていこうと思います。

女性に罵られるのが大好きな方は
ヒット間違いなしのマンガですよ…

今回は蛇澤課長のM嬢、1巻第4話のネタバレです。

大事なプレゼンを控えた蛇沢課長と美々子。

「モチベを上げるために罵声を浴びせてくれないか。」

ついに美々子がぶち切れます…

「課長がしていることはパワハラです!」
パワハラどころかセクハラ、モラハラですね笑

「これ以上続くなら、辞職も辞さない構えですから!」

美々子がついに蛇沢課長に言ってしまいましたね…

さすがに落ち込んだ様子の蛇沢課長…

とうの美々子はと言うと…

蛇沢課長の捨てられた犬みたいな潤んだ瞳を思い出し
ゾクゾクとしてしまう美々子…

「あの課長の顔・・・サイコーだった・・・」

母親譲りのドSの血が騒いでいるよう笑

とは言え、この前の辞める発言が効いたのか、
蛇沢課長は美々子には仕事中の指示だけをするようになっていました。

大事なプレゼン当日。

蛇沢課長はげっそりした顔で会社に現れます…

遅刻にクライアントへの連絡ミスなど
蛇沢課長らしくないミスが続いていました…

美々子に罵られたり、蔑まされたりしてないことが原因なのは明らか笑

別の案件から戻った蛇沢課長は、昼食を取らずにそのまま
大事なプレゼンへ。

美々子は資料を手渡すのですが…

全く関係ない社内レクリエーションの資料を手渡してしまうのです!

取引先について資料が違うことに気づく蛇沢課長。

資料無し、しかも取引先はすでに別の会社に心を決めている状態でのプレゼン…

蛇沢課長の携帯がブーブーとバイブしています。
その電話の振動に悦ぶ蛇沢課長!

一体どこに入っているのでしょうか?笑
こんな状況でも悦んでしまうなんて、どんだけド変態のドMなんでしょうか笑

しかもこの電話を美々子からのメッセージであると
都合の良い解釈をしてしまう蛇沢課長!笑

「私からの電話に震えて悦んでるなんて。」
「ド変態もいいとこね。」

取引先で、しかもクライアントの前で
勝手にドMパワーが満たされ…

資料無しで大逆転に契約を成立させてしまうのでした笑

「君が背中を押してくれたおかげだ」

蛇沢課長のなかでどんな妄想が繰り広げられていたか、
知るよしもない美々子なのでした…笑

蛇沢課長のM嬢第3話ネタバレ【犬のご主人様でもある美々子…】

蛇沢課長のM嬢というマンガを読んでみたので
そのネタバレを書いていこうと思います。

女性に罵られるのが大好きな方は
ヒット間違いなしのマンガですよ…

今回は蛇澤課長のM嬢、1巻第3話のネタバレです。

第3話は美々子の愛犬、マックスの散歩から始まります。

結構大きな犬です…美々子と同じくらいでしょうか。

案の定、散歩の途中で何かを見つけたマックスが急に駆け出します。
グイグイ引っ張られる美々子でしたが…

「ダメ。」

マックスを蔑むような冷たい視線で見下ろす美々子。笑

大型犬が一瞬でおとなしくなってしまいました笑

 

どうやら美々子は犬のご主人でもあるようです…

しかもその様子を偶然にも蛇沢課長に見られてしまっていました。。。

そんな大きな犬を一瞬でおとなしくさせる美々子の命令。

「私にも同じような命令を。」

と蛇沢課長の変態っぷりが炸裂!笑

美々子は逃げるように立ち去りますが…
しつこく追いかけてくる蛇沢課長!

どんだけ美々子に命令して欲しいんでしょうか笑

藪の中をぬけ、公園の遊具に逃げ込んだ美々子。
しかし、蛇沢課長は諦めようとしません笑

恐るべし、ドM魂!

休日まで蛇沢課長の癖(へき)に付き合わされげんなりする美々子。

するとまたマックスが飛び出し、それに引きずられ膝をケガしてしまう美々子。
それと同時に蛇沢課長に見つかってしまいます。

なぜか救護セットを持っていた蛇沢課長に手当してもらいます。

自分が追いかけてしまったせいでケガをさせてしまったことを謝罪する蛇沢課長。
「責任をとらせてほしい」と。

責任!?もしかして…結婚?

話飛びすぎですね笑

そんな妄想ははかなくも打ち砕かれます笑

「どんな償いも受ける。」

「さあ思う存分私を痛めつけてくれたまえ。」
「君が感じた以上の仕打ちをしてくれてかまわない。」
「少々の出血くらいなら平気だ。」

蛇沢課長、とんでもないド変態のドMですね笑

美々子からも予想外の命令が飛び出します!笑

「ハウス。」

「月曜の出社まで一歩も動いちゃダメ。」

歓喜の顔で帰路に着く蛇沢課長!笑

蛇沢課長にとっては償いではなく、まさにご褒美ですね笑

今回もまんまと蛇沢課長のドMを満たしてしまった美々子なのでした…

蛇沢課長のM嬢第2話ネタバレ【酔うとドSっぷりが増す美々子!】

蛇沢課長のM嬢というマンガを読んでみたので
そのネタバレを書いていこうと思います。

女性に罵られるのが大好きな方は
ヒット間違いなしのマンガですよ…

今回は蛇澤課長のM嬢、1巻第2話のネタバレです。

今回も美々子のドS命令が炸裂しますよ!

美々子は会社の更衣室でこの前の蛇沢課長のことを思い出していました。
玉口枷をつけ、涙目でヨダレを垂らしている上司を見て
笑ってしまった自分…

違う違う!
絶対にSになんて目覚めないと心に誓う美々子。

そこへ同僚から週末の合コンの誘いが!

普通の恋愛がしたいと望む美々子は迷うことなく参加することに。

あっという間に週末になり合コンがスタート。
そこでひと1人の男性と良い感じに…

みんなで2次会に行こうとしたのですが、
良い感じになった男性に手を引かれ、美々子は雰囲気のいいバーへ。

絵に描いたようなデートに胸が高鳴る美々子…

とここまでは良かったのですが…

男性の何気ない一言に美々子はぶち切れてしまいます!

「SかMかで言ったらMでしょ。美々子ちゃん。」

どいつもこいつもSだのMだの!
自分の周りに寄ってくる男はなんでこういう男ばっかりなの!

とイライラを紛らわすため、ハイペースでマティーニを飲み干す美々子!

するとそのバーに蛇沢課長が偶然やってきたのです!

蛇沢課長を見て、ニヤリを不敵な笑みを浮かべる美々子…

ドライマティーニに入っているオリーブをカウンターの上へa落とし…

「オリーブ苦手なので召し上がっていくださいませんか。」
「あ、そうそう。手は使わないでくださいね?」

ドS命令キターーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

「無様な動物のように、這いつくばるところ。見ててあげますよ。」

酔った美々子のドSっぷりはハンパないですね…!

もちろん蛇沢課長は顔を赤らめて歓喜の表情を浮かべています…

合コンで良い感じになった男はというと
美々子に恐れをなして逃げだしてしまいました…

美々子の命令に服従できるのは、蛇沢課長しかいませんね…

そのころ美々子の家では両親が懐かしい写真を見ていました。

その写真とは、父が首輪をつけ、母にリードを引かれながら散歩する写真!

なるほど…これは完全に遺伝ですね…笑

バーからの帰り道、
蛇沢課長は来週からもバリバリ働けそうだ。と

美々子のドS命令を堪能し、十分に満たされた様子なのでした…笑

まさか美々子の両親までそのようなSとMの関係だったなんて

美々子はまさか自分の両親がそんなことをしていたなんて
知るよしもありませんが笑

それにしても、カウンターの上のオリーブを手を使わずに食べろだなんて
とんでもない命令をしてくれますね美々子は笑

これからどんな命令が飛び出すのかゾクゾクが止まりません…

蛇沢課長のM嬢第1話ネタバレ【玉口枷をプレゼントするエリートドM!】

蛇沢課長のM嬢というマンガを読んでみたので
そのネタバレを書いていこうと思います。

女性に罵られるのが大好きな方は
ヒット間違いなしのマンガですよ…

今回は蛇澤課長のM嬢、1巻第1話のネタバレです。

螻川内美々子(けらかわちみみこ)の上司、蛇沢順課長。a

容姿端麗、高身長、有名国立大出身のエリート人間。

住宅総合メーカー「GXホーム」の営業課で
常にトップの営業成績を取る男です。

美々子にとって理想の上司。

と言いたいところでしたが…

とんでもないドMなんです!笑

いきなり美々子にプレゼントがあるといって渡した箱の中には

“ボールギャグ”(玉口枷)が!

拘束プレイで使う代物です笑

それを口にはめるよう命令するようにと…

当然美々子は断りますが、腕を掴む蛇沢課長。

「離してください!!」
という美々子の言葉にも反応してしまう蛇沢課長…

この蛇沢課長は美々子の罵声にのみゾクゾクと反応してしまい、
ゾクゾクが大きいほど、やってのける仕事も大きくなるという…

美々子はなぜ自分が蛇沢課長の”ご主人様”なの?
と納得が行かない様子。

喫茶店でプレゼンの最終打ち合わせをしていたのですが…
そこへ美々子の両親とばったり遭遇!

両親は美々子の仕事ぶりについて蛇沢課長に尋ねます。

すると蛇沢課長は、

「螻川内さんは自分の類いまれなる才能に対する自覚が足りません。」

待って。課長。

美々子にイヤな予感が走ります…

そのイヤな予感は的中!

美々子の蔑む視線や、冷たい声…

と普段自分が

このまま全てを離されたらまずい!

ドンと課長の足をヒールで踏みつけ、課長を連れ出します。

ヒールで踏まれたことにゾクゾクしている蛇沢課長に
美々子がとった行動は…

「これ以上その臭い口で余計なこと言われたら私の吸う空気がなくなるんでーーー」

「今すぐこれ、つけてください。」

と蛇沢課長を蔑む目で見ながら玉口枷を取り出すのです!

席に戻ってきた蛇沢課長はマスク姿!
そのマスクの下には玉口枷をつけているのでしゃべることができません!

しかし、蛇沢課長は美々子の罵倒に、体をフルフルさせながら喜びに耐えている様子ww

マジでとんでもないドM!!
ドMの中のドM!!

「このまま外しちゃダメって言ったらプレゼン台無しですね」

と美々子の仕打ちに
さらなる喜びを感じながら
それだけは辞めてくれという表情で首を横に振る蛇沢課長。

それを見た美々子はゾクゾクとしてしまうのです…

美々子も少しずつ覚醒し始めているのでしょうか!?

この後、蛇沢課長は見事にプレゼンをやってのけ、
大口の契約を成立させるのでした…!

恐るべし、ドSパワー!
それにしても、そういうプレーで仕事の成果が上がるなんて
どういうことなんでしょうかね笑

この後も、どんなドSな命令が飛び出すのか…
楽しみでなりません…

蛇沢課長のM嬢第0話ネタバレ【エリート課長は超ドM!?】

蛇沢課長のM嬢というマンガを読んでみたので
そのネタバレを書いていこうと思います。

女性に罵られるのが大好きな方は
ヒット間違いなしのマンガですよ…

マンガの主人公の1人である蛇沢課長。(へびさわかちょう)

クールでイケメンで背が高くて仕事もできる!
まさに完璧!

ある1つを除いては…

それは外見とは裏腹に、超がつくほどのドMであるということ!

女性に罵声を浴びせられてゾクゾクと感じてしまうほどの超ドMなのです!!

女性なら誰でも良いというわけではありません。
同じ会社に勤める、螻川内美々子(けらかわちみみこ)に罵声を浴びされる時に
異常なほど興奮してしまうのです…

今日も会社で受付をやっている美々子のところに
蛇沢課長がやってきて、

「このバラの花束で私の顔を2度ほどぶってくれないか」

いきなりとんでもない要求ですね笑
マジでとんでもないドMです…

しかも罵られれば罵られるほど、営業成績がアップする。
本物のドMなんです…

会社のロビーなのでと美々子が断ってもしつこく要求する蛇沢課長。
ついに美々子がぶち切れて罵声を浴びせるのですが…

その罵声に体を震わせて喜んでいます…

なんでこんなことになってしまったのか…
美々子には思い当たる節がありました…

ある日の昼休み。
美々子のいる休憩室に蛇沢課長がやってきて、

「けなされ、罵られて爆発的に成長するタイプの人間なんだ」
「ちょっちと私を罵倒してみてくれないか。」

と突然とんでもない要求をしてきたのです笑

突然のカミングアウトに動揺する美々子に迫る蛇沢課長!
壁ドンをしたときでした!

「いやあああっ!!近寄らないで!!」

ドクン

蛇沢課長はその日、過去最高額の契約を取ったのです…
これはまさに美々子に罵られたおかげ!

とは言え、自分は蛇沢課長のモチベ上げの存在じゃない!
と美々子は蛇沢課長を避けるようになっていったのです。

それからひと月、いつも営業成績トップの
蛇沢課長が5位という低い順位に…

さらに会社のショールームで女性客に土下座させられているではありませんか!

その日の夜、蛇沢課長の元を訪れた美々子。

いきなり机の上に乗り、蛇沢課長を見下ろしながら、

「もっと罵ってくださいって懇願してたんでしょう?」

許せない。このあたし差し置いて。

「超キモい」

なんだかんだで美々子は自分以外の女に罵られて
喜んでいた蛇沢課長に嫉妬していたのでしょうか!?

ゾワゾワゾワと歓喜に震える蛇沢課長…

蛇沢課長はその後、問題を片付け、営業成績トップに返り咲いたのでした…

恐るべし、美々子の罵りパワー!

翌日、蛇沢課長がやってきて…

「私が喜びを感じるのは螻川内くん、君の罵倒だけだ。」

と。

午後から大事な商談があるから
昨日のように罵ってくれないか。

本物のドMとSっ気に目覚め始めた美々子…
この後どんな展開が待っているか楽しみで仕方ありませんか!!
(ちなみにですが、私もちょっとMかもしれません…
蛇沢課長ほどではありませんが…)