蛇沢課長のM嬢第4話ネタバレ【ドMパワーで資料無しでも契約成立!】

蛇沢課長のM嬢というマンガを読んでみたので
そのネタバレを書いていこうと思います。

女性に罵られるのが大好きな方は
ヒット間違いなしのマンガですよ…

今回は蛇澤課長のM嬢、1巻第4話のネタバレです。

大事なプレゼンを控えた蛇沢課長と美々子。

「モチベを上げるために罵声を浴びせてくれないか。」

ついに美々子がぶち切れます…

「課長がしていることはパワハラです!」
パワハラどころかセクハラ、モラハラですね笑

「これ以上続くなら、辞職も辞さない構えですから!」

美々子がついに蛇沢課長に言ってしまいましたね…

さすがに落ち込んだ様子の蛇沢課長…

とうの美々子はと言うと…

蛇沢課長の捨てられた犬みたいな潤んだ瞳を思い出し
ゾクゾクとしてしまう美々子…

「あの課長の顔・・・サイコーだった・・・」

母親譲りのドSの血が騒いでいるよう笑

とは言え、この前の辞める発言が効いたのか、
蛇沢課長は美々子には仕事中の指示だけをするようになっていました。

大事なプレゼン当日。

蛇沢課長はげっそりした顔で会社に現れます…

遅刻にクライアントへの連絡ミスなど
蛇沢課長らしくないミスが続いていました…

美々子に罵られたり、蔑まされたりしてないことが原因なのは明らか笑

別の案件から戻った蛇沢課長は、昼食を取らずにそのまま
大事なプレゼンへ。

美々子は資料を手渡すのですが…

全く関係ない社内レクリエーションの資料を手渡してしまうのです!

取引先について資料が違うことに気づく蛇沢課長。

資料無し、しかも取引先はすでに別の会社に心を決めている状態でのプレゼン…

蛇沢課長の携帯がブーブーとバイブしています。
その電話の振動に悦ぶ蛇沢課長!

一体どこに入っているのでしょうか?笑
こんな状況でも悦んでしまうなんて、どんだけド変態のドMなんでしょうか笑

しかもこの電話を美々子からのメッセージであると
都合の良い解釈をしてしまう蛇沢課長!笑

「私からの電話に震えて悦んでるなんて。」
「ド変態もいいとこね。」

取引先で、しかもクライアントの前で
勝手にドMパワーが満たされ…

資料無しで大逆転に契約を成立させてしまうのでした笑

「君が背中を押してくれたおかげだ」

蛇沢課長のなかでどんな妄想が繰り広げられていたか、
知るよしもない美々子なのでした…笑

コメントを残す