蛇沢課長のM嬢第6話ネタバレ【蛇沢課長、今すぐ四つん這いになって…】

蛇沢課長のM嬢というマンガを読んでみたので
そのネタバレを書いていこうと思います。

女性に罵られるのが大好きな方は
ヒット間違いなしのマンガですよ…

今回は蛇澤課長のM嬢、2巻第6話のネタバレです。

今回は会社のリクリエーション大会が舞台。

美々子の同僚は美々子と蛇沢課長を組ませて
賞金を狙う考えのよう…

そう、美々子が蛇沢課長に罵声を浴びせることで
ドMパワーを発揮し、その力で優勝しようと言うのです笑

最初は二人三脚。

なんとか蛇沢課長をやる気にさせようと罵倒しようとする美々子でしたが…

足を縛られていることですでにスイッチが入っている蛇沢課長!笑
さすがド変態!

蛇沢課長は勝手にスイッチが入っていますが…
肝心の美々子の運動能力が低く…
全く勝てません笑

続く騎馬戦でも、美々子を上に乗せた蛇沢課長は

“私は馬、私は馬、螻川内くんの馬”

とつぶやきながら、すでにスイッチオン!笑

ここでもやはり美々子がハチマキをとれず…

最後の宝さがしを残して、同僚はすでに諦めモード。

ムキになった美々子は同僚を見返すべく
蛇沢課長とカードを探します。

ようやく見つけたのは木の枝に挟まったカード。
美々子だけでは到底、届きそうにありません。

さらにさっきの騎馬戦にて
美々子の乗馬で満たされた(笑)蛇沢課長も

「いいんだよ結果なんてどうでもーーー」

その一言に美々子がプチっと切れます笑

「私が絶対勝てって言ったのに言いつけも守らず、どうでもいいですって?」

「勝てなかったのは螻川内くんの身体能力がーーー」
と反論してしまう蛇沢課長でしたが…

「だったら課長が責任持って私の分を補ってくれないと。」

美々子、ヤベーーーーー笑
ドS過ぎるーーーーーー笑

「今すぐここで四つんばいになってください。早く。」

四つん這いの状態で美々子に上に乗られてゾクゾクしてしまう蛇沢課長。

結局、優勝はできなかった美々子でしたが
蛇沢課長は、美々子の馬になったり、
四つん這いにされ、上に乗られたりと…

ご褒美の連続で、満足げな表情を浮かべるのでした…

コメントを残す